「未分類」カテゴリーアーカイブ

宿泊での研修会のお知らせ

新たに、12月12日(土)13日(日)に行われる宿泊での研修会のお知らせを追加しました。

不登校への対応ということを一つの切り口にして、「人間の心をどのように理解するか」、という大きなテーマについてじっくり考え、困った状況を打ち破るコツを学べる研修会です。
懇親会等で、話題豊富でユーモアあふれる花輪先生と、ゆっくりお話しできるのも魅力です。

不登校対応だけではなく、さまざまな問題を抱えている子供たちや保護者への対応についても、一緒に考えてみませんか。

夏休みと不登校の関係は?

hayden-valley-63564_150多くの学校では、7月21日が終業式でした。来週から夏休みの学校もありますが、まずはひと段落。

どんな1学期をお過ごしだったでしょうか?本格的な不登校が増え始める1学期終わりは、特に忙しい思いをしていらっしゃった先生方も多いのでは?

不登校の子供たちにとって、長期の休みは胸を張って学校を休めるとき…。いつもよりリラックスしているこの時期に、子供とコミュニケーションを深めたり、保護者と話しあったりするのもいいですね。

FR式教育臨床研究所所長の花輪先生は、「自分を理解してもらえていると感じることが、子どもたちにとってのエネルギー源(ガソリン)になる」とおっしゃいます。夏休みは、「見方」を変えて「味方」になるチャンスです!子供たちのこころにガソリンを・・・。

6月も終わりますね・・・。

青森でも梅雨が始まりました。ずっと雨が降らず、急に降り始めたと思ったら、風も強くて気温も4月並みに低くて・・・。
こんな日は朝、布団から出たくありませんね。

あっという間に6月も終わり、7月がやってきます。
1学期が終わろうとするこの時期、休みがちだった子どもたちが、本格的な不登校になるものです。

是非、5月9日(土)に花輪先生をお呼びして行った研修会で学んだことを実践してみてください。休んでいる子どもたち、家庭、学校、スクールカウンセラーなどの専門家がうまく連携していけたら幸いです。

自分で考え、自分で判断し、自分の足で歩み出すこと

FR教育臨床研究所所長の花輪敏男先生が考案されたFR式不登校対応チャートをもとに、不登校への対応を勉強する研修会です。東日本大震災のあった2011年に青森で会を立ち上げて早4年になります。

花輪先生は「チャートはマニュアルではない」とおっしゃいます。このチャートをもとに対応していくと、子どもを見つめる視点やかかわりの方策が広がり、保護者とその視点や方策を共有することもできます。また、先生は特別支援教育や発達障害の専門家でもあります。是非、ご一緒に勉強しませんか。